土地だけ夫婦共同名義の場合、住宅ローンが返済できなくなったら

早期定年退職をして、退職金を資金にビジネスをはじめたところ、経営がうまくいかず住宅ローンの返済も苦しくなってしまいました。妻は現在も勤めていて、土地は共同名義です。どうするのがベストな解決方法でしょうか?

奥さんに土地を買い取ってもらいましょう

35歳で35年ローンで家を購入したとして、70歳までローンの返済があるわけですね。50歳で退職されたとすると、残り20年。700万とか800万が残っていてもおかしくはないでしょう。

本来、退職金でローンの残りを繰り上げ返済するのが理想でした。しかしこの場合は退職金を起業に使ってしまったわけです。もしかすると、その土地で借り入れをしたりしていませんか?

質問だけでは詳しいことがわかりませんので、一般的な解決策を考えますが、前提として家を残したいのか、手放したいのかがわかりません。

常識的には、住宅ローンの残りを奥さんにすべて払ってもらうことです。どのみち、夫がローンを返済できないとなったら、生計を共にする奥さんの収入からローン返済のお金をひねり出すことになってしまうわけで、それなら名義をすべて奥さんのものにしてしまい、奥さんがローンの残りを払う方向で銀行と話を進めていけばいいのではないでしょうか。

ただし、これには銀行の承諾が必要になりますので、一方的に進めないほうがいいでしょう。なんとか、自宅を手放すことのない方法としては、名義は奥さんのものにする。つまり、土地も奥さんに売却します。奥さんはあなたに土地代を払い、さらにローンの残りも払うわけですから負担は大きくなりますが、失うリスクは減ります。

奥さんの収入が不明ですが、もしこうした方法が取れれば、あなたはほかの債務の返済、生活費のために働くことに専念することで夫婦全体としての経済面を建て直すことが可能になると思います。

もし奥さんの協力が得られない場合は、思い切って家を手放すことを考えてみてはいかがでしょうか。どういう場所にお住まいかはわかりませんが、ローン残が1000万以下の場合、土地家屋の売却代金でローンの残りを賄える可能性が高いからです。

質問にはっきり書かれていませんが、もし夫であるあなたが「せっかくこれまでローンを払い続けたのに……」という気持ちがあって、「なにかいい方法はないか」とおっしゃっているのなら、残念ですがその点は頭を切り替えてもらうしかありません。返済が滞るようなことが起こる前に、割り切って考えることをお勧めします。

住宅ローンを土地だけに利用することはできるのか?

土地だけを購入する際に、住宅ローンを組むことはできるのでしょうか。将来一戸建てを購入したい、建てたいと思っている人で、土地だけ選考して購入したいと考える人もいます。土地のみといえども、現金で購入することができる人は少なく、ローンを利用したいと思うのですが、住宅ローンは住宅を購入する際に組むローンですが、土地のみけでも利用可能なのでしょうか。

大半の人が土地のみでもローンの利用はできると思うかもしれませんが、ここで土地を購入しても将来家を建てて住む保証は現時点ではありませんので、住宅建築もするなら可能ですが、土地のみ先行取得する際は、住宅ローンの利用は不可能です。土地だけの場合金利的に有利な目的別ローンを利用することはできませんので、もしローンを組んで利用するとなるとカードローンなどを利用することとなります。

フリーローン、カードローンは、使途自由ですが、自由である反面金利が高めに設定されていますが、その分何に利用してもいいので自由度が高いローンです。そのため、土地のみ購入しておきたいと思っている人にぴったりのローンです。

カードローンによっては高額の借り入れに対応している商品もあります。最大限度額800万円に対応している銀行系カードローンも多くありますので、それらを利用することで、土地を買うこともできます。ただし、住宅ローンを利用することに比べるとかなり金利が高めに設定されていますので、計画を立てて利用することが重要です。

無理のない返済方法で無理なく返済できる額を借り入れましょう。土地を現金で購入することができれば一番ですが、土地のみといえども値段は高いですから、お金を借りて購入することになります。住宅ローンは住宅を建てる、購入する場合にのみ適応されるローンであるという特性を理解したうえで、カードローン、フリーローンでできるだけ金利が低いところを探して利用することが大事です。銀行系カードローンなら金利は低めに設定されています。

【参考サイト】
消費者金融審査通りやすい

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 大学生の金欠を救う神が現れた!アヤシイ情報一切ナシの最新情報 All Rights Reserved.